医療現場での治療方法

医療現場:消毒を行った上でガーゼを貼る治療は今なお主流
湿潤療法の治療を行う医師も増えている・・・

閉塞性ドレッシング剤:現場において、ドレッシング材(被覆材)はポリウレタンフィルム、ハイドロコロイド、ハイドロジェル、ハイドロポリマーなどが利用される。
これらは、ラップを使った治療法とは異なり、閉塞環境を保つことから、閉塞性ドレッシング剤と呼ばれる。

医療用具:2004年に上述のドレッシング材のハイドロコロイドを利用した医療用具がジョンソン・エンド・ジョンソンから一般向けに発売されたのをきっかけに、他社からも類似製品が発売されるようになった。

湿潤療法の普及:医療用具を手軽に入手できるようになったことで、一般人にも湿潤療法の普及は拡大してきている。
ガーゼにワセリンを塗った上で患部に当てる方法もあるが、上記のドレッシング材より保湿効果は少ない。

陰圧閉鎖療法:医療現場においても食品用ラップが利用されることがあるが、近年ではラップの気密性をより高めるために、注射器などを使って患部に負圧をかけ、より治癒を早める陰圧閉鎖療法というものも導入されている。


鉄拳、パラパラマンガ「振り子」 泣ける動画集
【治療方法の最新記事】
posted by 医方 at 14:37 | Comment(0) | 治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。