家庭での治療方法

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 光文社新書 / 夏井睦 【新書】

治療前後の受診:創の場所、面積によっては、上皮化させた創は瘢痕拘縮を生じて運動障害、機能障害を併発し、場合によっては手術治療の追加が必要となるおそれもある。
湿潤治療が適用されるかどうかの診断は必要であり、治療前後の受診は必ず行うようにすることが望ましい。

1. 創傷に関して、傷の深いものは医師の診断を受けること。
 熱傷に関しても、熱傷#応急処置を優先すること。

2. 水道水で傷口の汚れを完全に洗い落とす。
 まずこの時、決して消毒を行ってはいけない。
 ガーゼや通常の絆創膏の使用は出血を止めるのに使用するのにとどめる。

3. 出血が止まったら、ラップなどのドレッシング材を傷より大きめに切り、患部に当てる。
 (保湿効果のある白色ワセリンをラップに塗り患部に当てるとなお良い)

4. 貼ったラップを包帯などにより固定する。

5. ラップは1日に一回。夏などは1日に数回取り替える。

6. 上皮化が完了すれば治療完了となる。
 上皮化のサインとしてキズがピンク色になり新たな皮膚ができ、痛みがなくなる。かゆみが生じる場合もある。

7. 上皮化してすぐの皮膚はしみになりやすいため、少なくとも一ヶ月は紫外線に注意する。
 (衣服により物理的に日光を遮断するか、日焼け止めクリームを利用など)

8. 創が感染を起こした状況が考えられる場合(周辺部が赤く腫れる、痛みの出現、臭いがきつくなった等)は速やかに治療を中止して医師の診察を受けること。


セレブやモデルも愛用! 超音波洗顔器
posted by 医方 at 14:36 | Comment(0) | 治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。